FC2ブログ

表ブログアフィリと裏メルマガ

アフィリエイトを中心とした、ブログ・メルマガ・無料レポートの三位一体で稼ぐ、実践的かつ効率的なノウハウをお届けします。



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2009-11-27

特商法の一部改正

まいど、吉田屋です。


インフォトップより、各インフォプレナーに対して”返品特約”の
表記に関するメールが回ってきました。


アフィリエイターにも是非知っておいていただきたい内容なので、
本日はそのお話をさせていただきます。


■返品特約を明記しましょう


2009年12月1日より、「特定商取引に関する法律及び割賦販売法の
一部を改正する法律」が施行されます。


主に商材を作成しているインフォプレナーに関わる内容ですが、
アフィリエイターも知っておかねばなりません。


インフォトップからの連絡に沿って、影響する条項を書き出しておきます。


--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

1)
改正法においては、通信販売に関して、事業者が契約の解除等につき
特約(以下「返品特約」という。)を広告に表示していない場合に、
商品の引渡しから8日間、契約の解除等ができることなどが規定され
ました(法第15条の2)。

2)
その改正趣旨から、返品特約の表示については、
「顧客にとって見やすい箇所において明瞭に判読できるように表示する
方法その他顧客にとつて容易に認識することができるよう表示すること」
としています(法第11条、施行規則第9条及び第16条の2)。

(2009年8月6日経済産業省ニュースリリースより抜粋)

--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**


分かります?


要するに、やるべきことは次の二つです。(爆



【やるべきこと1】


★「特商法に基づく表記」に、返金(返品)について必ず記載する。



ケース1:返金(返品)保証制度がある場合


●以下の項目を明記する。


・返金(返品)対象

 例)30日間実践し効果が得られない場合は、メールにてその旨
   ご連絡ください。教材購入時の価格を全額返金いたします。


・返金(返品)可能な期日

 例)ご購入後、90日以内にご連絡があった場合に返金可能


・返金(返品)方法

 例)メールにて返金要請してください。
   30日以内に指定の講座へお振込いたします。
   返金要求先アドレス:○○@△△ 氏名


ケース2:返金(返品)保証制度がない場合


●返金(返品)には対応していない旨、明記する。

 例)データが壊れている等、商品欠陥がある場合を除き
   返金(返品)には応じません。


※この記載がない場合、購入者は商品の引渡し日から起算して8日間は、
  無条件で返品が可能になります。




【やるべきこと2】


★「特商法に基づく表記」へのリンクを明確にする。


経済産業省の「通信販売における返品特約の表示についてのガイドライン」に、
具体的な表示方法が書かれています。


--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

返品特約全てについて、広告及び最終申込み画面中の
各商品の説明箇所において、明瞭な方法かつ、
他の事項に隠れて埋没してしまうようなことがないように表示する方法。

例:商品の価格や電話番号等、消費者が必ず確認すると考えられる事項の
  近い場所に、商品の価格等と同じサイズで表示する。

例:パーソナルコンピュータの場合において標準設定で12ポイント以上
   の文字で表示する。

例:色文字・太文字を用いる等して表示する。など

--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**


インフォトップでは、上記2つの”やるべきこと”に不備があると、
新規商品を登録することができません。



アフィリエイターも、取り扱う商品について、

1)返金(返品)の記載があるか

2)「特商法に基づく記載」へのリンクが分かり易いか

の2つを、必ずチェックするようにしましょう。



また、対応ができていない商品は、取り扱わないようにしましょう。


これは、努力目標ではありません。
対応しなければ、違法です。


その片棒を担ぐようなことは、けっしてやらないようにしてください。




私も、自分の商材「ネット時代の新★手引書シリーズ 初級編」の
セールスページを一部修正しました。


”やるべきこと1”は、インフォトップ登録時から「特商法に基づく表記」に、
返品には応じない旨、明記してましたので問題なしです。


”やるべきこと2”についても、セールスページの一番下、価格等表記している
すぐ下に、青字12ポイントで「特定商取引法に基づく表記」とリンクを
張っていましたので、大きな問題はないと思います。


しかし、セールスページにもう一箇所、価格等を表記しているところがあります。
そこで、念のために、そのすぐ下にも、同じように「特定商取引法に基づく表記」
へのリンクを付け加えておきました。


これで、万全だと思います。


○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

ついでですが、インフォトップでは、2009年10月5日から、
全ての新規登録商品について、”誇大表現”に関する審査を実施しています。


これは、インフォプレナーへの表現の規制を従来よりも柔軟に対応するのと
引き換えに、「特商法に基づく表記」に、以下の表現を入れる、というものです。


--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--

本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません

--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--


こちらは、インフォトップから各インフォプレナーに何度もメールで案内が
されていましたので、既に徹底されていると思います。


もちろん、私も速攻で対応しました。

○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

今日は、インフォプレナーに対する法的なお話をしました。


もし対応してないインフォプレナーがいたら、アフィリエイターから指摘する
くらいの気構えで望んで欲しいと思います。




★あなたとここで出会えた『奇跡』に、心から感謝します★

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 発行者 吉田屋
 サイト http://shouzai.yoshida-ya.biz/
 メール customer@yoshida-ya.biz

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

テーマ : アフィリエイトを始めよう!
ジャンル : アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。