FC2ブログ

表ブログアフィリと裏メルマガ

アフィリエイトを中心とした、ブログ・メルマガ・無料レポートの三位一体で稼ぐ、実践的かつ効率的なノウハウをお届けします。



表ブログアフィリと裏メルマガ>> スポンサー広告>> 基礎知識 >> 「かつ」検索はスペースでつなげる
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2009-10-20

「かつ」検索はスペースでつなげる

まいど、吉田屋です。


■Yahoo!では、「表記のゆれ」も検索してくれます


このブログでは、これからネットで稼ごうとしているサラリーマンの方々に、
サラリーマンが副業としてできるネットビジネスについて、
現役サラリーマンの私が役立つ情報をお届けしていきます。


ご紹介するのは、アフィリエイトを中心とした、ブログ・メルマガ・
無料レポートの三位一体で稼ぐ、実践的かつ効率的なノウハウです。


当面は、松原さんと一瀬さんというトップアフィリエイターが
書かれた「パーフェクトアフィリエイト」という商材を教材として
進めていきます。

○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○


「パーフェクトアフィリエイト」の第1章「マインド&基礎知識編」は、
後半の基礎知識編に入っています。


意外に知られていない検索方法について、詳しく説明しています。


前回、次の4つの検索ルールをご紹介し、1)のお話をしました。

1)意味を調べるときは、「とは」を付ける。
2)「かつ」はスペース
3)「または」は「OR」
4)「含まない」は「-」


今日は、2)の「かつ」はスペース、についてです。


複数の検索語を含む情報を調べる場合は、それぞれの
検索語の間にスペースを入れます。


例えば、「ブログ」と「メルマガ」の両方を含む情報を調べたいときは、
検索窓に「ブログ メルマガ」と入力して検索します。


このとき、スペースは半角でも全角でもOKです。
ただし、順番を変えると若干検索結果も変わります。


「ブログ メルマガ」の時の検索結果は、

1位:ビジネスブログメルマガ
2位:Seesaaブログ
3位:集まれメールマガジンライター&ブログライター
4位:ブログ作成入門講座
5位:宮城県/ブログ・メルマガ


「メルマガ ブログ」の時の検索結果は、


1位:ビジネスブログメルマガ
2位:ECナビメルマガブログ
3位:ブログ作成入門講座
4位:集まれメールマガジンライター&ブログライター
5位:株式会社ライトアップ


自分が調べたい内容にとって、重要な順に検索後を並べましょう。


ここで、Yahoo!検索の「表記のゆれ」を説明しておきます。


Yahoo!では、検索語を入力すると、その検索語とほぼ同義の言葉を
含めて検索してくれます。
これを「表記のゆれ」といって、次の4種類を例に挙げています。


・代用漢字:沈殿と沈澱
・異体字:國と国
・カタカタ語ゆれ:ダイアモンドとダイヤモンド
・送り仮名:引っ越、引越、引っ越し、引越し


つまり、あなたが「沈殿」と検索窓に入力しても、「沈澱」を
含む情報も一緒に検索してくれる、ということです。
実に親切です。


ためしに、「ブログ メールマガジン」で検索してみると、

1位:集まれメールマガジンライター&ブログライター
2位:メルマガ-SHINOBI.JPかわら版
3位:メールマガジン&ブログ ビーオースタジオ
4位:新潟県ブログ・メールマガジン
5位:FXブログ為替外為メールマガジン


となっており、「ブログ メルマガ」の検索結果とは異なります。
「メルマガ」と「メールマガジン」は「表記のゆれ」の範囲ではない、
ということですね。


ちなみに、この「表記のゆれ」を除外して「かつ」の検索をするには、
半角の「+」記号を使います。


例えば、「結晶」と「沈殿」を検索したいとき、「沈澱」を含まない
ように検索するには、検索窓に「結晶 +沈殿」と入力します。


このとき、注意点が二つあります。


●「結晶」と「+」の間は、半角スペースをいれる。
●「+」と「沈殿」の間は、スペースを入れない。


ここまで書いて、自分でも覚えきれないなと、思い始めました。(爆)



「表記のゆれ」をわざわざ除外しなければならないケースは、
ネットビジネスでは稀でしょうから、これ、説明しましたけど
忘れちゃっていいかもしれません。(汗)


むしろ、皆さんの本業の方で使う機会がありそうですね。


例えば、会社や人名なんかの固有名詞を検索するときですね。
「國」なんかの旧字体を使っている会社や人、ありますよね。
そのときは、「+國」を使いましょう。


ということで、
「両方含む検索の時は、スペースで繋ぐ」
でした。


3)の「または」の検索は、次回。



★あなたとここで出会えた『奇跡』に、心から感謝します★

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 発行者 吉田屋
 サイト http://shouzai.yoshida-ya.biz/
 メール customer@yoshida-ya.biz

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。