FC2ブログ

表ブログアフィリと裏メルマガ

アフィリエイトを中心とした、ブログ・メルマガ・無料レポートの三位一体で稼ぐ、実践的かつ効率的なノウハウをお届けします。



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2009-11-01

個人情報保護法と特電法

まいど、吉田屋です。


■メルマガ発行に深く関わる二つの法律


このブログでは、これからネットで稼ごうとしているサラリーマンの方々に、
サラリーマンが副業としてできるネットビジネスについて、
現役サラリーマンの私が役立つ情報をお届けしていきます。


ご紹介するのは、アフィリエイトを中心とした、ブログ・メルマガ・
無料レポートの三位一体で稼ぐ、実践的かつ効率的なノウハウです。


当面は、松原さんと一瀬さんというトップアフィリエイターが
書かれた「パーフェクトアフィリエイト」という商材を教材として
進めていきます。

○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

「パーフェクトアフィリエイト」の第1章「マインド&基礎知識編」は、
後半の基礎知識編に入っています。


今日は、メルマガを発行するとき避けて通ることはできない、
二つの法律を取り上げます。
個人情報保護法と特電法のお話です。


まずは、個人情報保護法です。



『5,000人を超える個人情報を事業に利用する事業者は、
個人情報取扱事業者であり、個人情報保護法の義務を負います。』


ご存知でしたか?


つまり、5,000人以上のメールアドレスを持っている方は、
全て個人情報保護法の義務を負っている、ということです。


その追うべき義務とは、以下のようなものです。

・利用目的の特定
・利用目的による制限
・適正な取得
・取得に際しての利用目的の通知
・正確性の確保
・安全管理措置
・第三者提供の制限
・開示、訂正、利用停止
・苦情の処理


これは単なる努力目標ではありません。
守らなければ、違法です。
犯罪になります。


個人の場合は、
『6ヶ月以下の懲役、又は30万円以下の罰金』
です。


肝に銘じるために、もう一回。


『6ヶ月以下の懲役、又は30万円以下の罰金』です。



内閣府のホームページにある、「個人情報の保護」のページの
右上に「個人情報保護法の早分かりへ」というリンクがありますので、
メルマガを発行している方は、必ず読んでおいてください。



私は、これら個人情報保護法の関連サイトを参考にして、
自分のサイトに『プライバシーポリシー』のページを置いてます。


メルマガ登録の画面と、ステップメールを含む全てのメルマガに、
この『プライバシーポリシー』のページへのリンクを張ってます。


ちなみに、平成21年9月1日より、個人情報保護法の担当が、
内閣府国民生活局企画課個人情報保護推進室から、
消費者庁企画課個人情報保護推進室に移管されたそうです。

名前、長すぎますね。(汗

○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

次は特電法です。
こちらは、全てのメルマガ発行者が関わっている法律です。
読者が少ないから関係ない、とはいきませんよ。


特電法は、平成20年12月1日に、改正法が施行されました。


その改正法について、総務省が
「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律のポイント」
(広告宣伝メールに係るオプトイン方式の規制等について)

というレポートを発行しています。


ダウンロードして、必ず読んでおいてくださいね。



強化のポイントは、『オプトイン方式』の導入です。


特電法が改正される前は、

「もしこのメルマガが不要なら、ここから解除してくださいね。」

と書いてあれば、誰にでもメルマガを送りつけることができました。


これが『オプトアウト方式』です。


つまり、メールアドレスさえ手に入れれば、相手がどんな人だろうが、
どう思っていようが、お構いなしにメルマガが送れたわけですね。
まさに、スパムし放題。


これが今回の法改正によって、

『広告宣伝メールは、事前に同意を得た人以外には送ってはいけない』
ということです。


『事前に』、です。


「広告宣伝メールの表示義務」のところが、ポイントです。


広告宣伝メールには、次の項目を記載しなければいけません。

1)送信者の名称
2)送信者の住所
3)送信者の問い合わせ用メールアドレス
4)受信拒否の通知を受けるためのURL


2の住所と3の問合せ先は、リンク先での表示も認められています。


違反すれば、1年以下の懲役または100万円以下の罰金です。

こっちも、もう一回。

1年以下の懲役または100万円以下の罰金です。


法人に対しては罰則が強化され、罰金が
100万円以下から3,000万円以下になりました。


多くの方は、同時に販売もされているでしょうから、
特定商取引法に基づく表示と一緒にしておけば、良いでしょう。

○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

今回は、メルマガに深くかかわっている二つの法律についてお話しました。


法律は面倒ですが、『知らなかった』は言い訳になりません。
メルマガを発行する方には”義務”ですから、必ず理解しておきましょう。





★あなたとここで出会えた『奇跡』に、心から感謝します★

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 発行者 吉田屋
 サイト http://shouzai.yoshida-ya.biz/
 メール customer@yoshida-ya.biz

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

テーマ : アフィリエイトを始めよう!
ジャンル : アフィリエイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。