FC2ブログ

表ブログアフィリと裏メルマガ

アフィリエイトを中心とした、ブログ・メルマガ・無料レポートの三位一体で稼ぐ、実践的かつ効率的なノウハウをお届けします。



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2009-12-16

メルマガアフィリの売上

まいど、吉田屋です。


■変数がひとつでもゼロならば売上はゼロです


このブログでは、これからネットで稼ごうとしているサラリーマンの方々に、
サラリーマンが副業としてできるネットビジネスについて、
現役サラリーマンの私が役立つ情報をお届けしていきます。


ご紹介するのは、アフィリエイトを中心とした、ブログ・メルマガ・
無料レポートの三位一体で稼ぐ、実践的かつ効率的なノウハウです。


当面は、松原さんと一瀬さんというトップアフィリエイターが
書かれた「パーフェクトアフィリエイト」という商材を教材として
進めていきます。

○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

「パーフェクトアフィリエイト」の第3章「メルマガ構築編」に入ります。


今日は、メルマガでアフィリエイトした場合の売上についてお話します。


売上=単価×数量


当たり前の式ですね。
売上は、いくらの商材をどれだけ売るか、です。


これを、メルマガでアフィリエイトした場合に合わせて、
もう少しブレークダウンしてみましょう。


売上=単価×(メルマガの顧客到達数)×(到達メルマガ当たりの購入率)


数量を、メルマガが顧客に到達する前後で、二つに分けています。


前半の(メルマガの顧客到達数)とは、一定期間にどれだけのメルマガを
顧客に届けることができるか、という数字です。


後半の(到達メルマガ当たりの購入率)とは、顧客に届いたメルマガ1通当たり、
何本の商材が購入されるか、という割合です。


さらに、それぞれをブレークしてみましょう。


(メルマガの顧客到達数)=アドレス数×配信回数×メルマガ到達率


アドレス数は、メルマガを送るメールアドレスの数です。


配信回数は、売上を集計する期間中に何回メルマガを発行するか、
その回数です。


メルマガ到達率は、顧客のメーラーの受信トレイに、送ったメルマガが
どれくらい届くか、という割合です。


メルマガ配信サーバーによっては、根こそぎスパム判定されていて、
0%ということもあり得ます。


(到達メルマガ当たりの購入率)=メルマガ開封率×アフィリリンククリック率×成約率


メルマガ開封率は、受信トレイに届いたメルマガを、
顧客にどれくらい読んでもらえるか、という割合です。


アフィリリンククリック率は、メルマガに記載したアフィリリンクを、
どれくらいの顧客がクリックしてくれるか、という割合です。


成約率は、セールスレターに誘導された顧客のうち、
どれくらいがその商材を購入してくれるか、という割合です。


全部くっつけると、こうなります。


売上=単価×(アドレス数×配信回数×メルマガ到達率)
    ×(メルマガ開封率×アフィリリンククリック率×成約率)


それぞれの数字を大きくしていけば、売上が上がります。
ここで、二つのポイントがあります。


一つ目は、すべての数字が掛け算になっている、ということです。
ひとつでもゼロがあれば、売上はゼロです。
また、極端に小さい数字があると、売上が伸びません。


ですから、すべての数字を満遍なく大きくしていく必要がある、
ということですね。


二つ目は、すべての数字が独立変数ではない、ということです。
ある数字を大きくしようとすると、小さくなってしまう数字もある、
ということです。


例えば、、配信回数をいきなり増やせば、メルマガ開封率が
低下するでしょう。


配信回数とメルマガ開封率とは、ある程度リンクしている、
ということですね。


扱っている商材の種類や顧客との関係によって、
ちょうどいい配信回数があるはずです。


このように、それぞれの数字をバランスを取りながら、
大きくしていく必要があります。


変数ごとの対策については、後日。



★あなたとここで出会えた『奇跡』に、心から感謝します★

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 発行者 吉田屋
 サイト http://shouzai.yoshida-ya.biz/
 メール customer@yoshida-ya.biz

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

テーマ : アフィリエイトを始めよう!
ジャンル : アフィリエイト

2009-12-03

ASPへの登録

まいど、吉田屋です。


■アフィリエイトはまずASP登録から


このブログでは、これからネットで稼ごうとしているサラリーマンの方々に、
サラリーマンが副業としてできるネットビジネスについて、
現役サラリーマンの私が役立つ情報をお届けしていきます。


ご紹介するのは、アフィリエイトを中心とした、ブログ・メルマガ・
無料レポートの三位一体で稼ぐ、実践的かつ効率的なノウハウです。


当面は、松原さんと一瀬さんというトップアフィリエイターが
書かれた「パーフェクトアフィリエイト」という商材を教材として
進めていきます。

○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

「パーフェクトアフィリエイト」の第2章「ブログ構築編」を進めています。


ASPについては、次の記事に詳しく書きましたので参考にしてください。
↓ ↓ ↓
ASPとは



さて、ASPにも色々あります。


まずは、A8.net(エーハチネット)です。


アフィリエイター登録サイト数60万件以上、
広告主7,000件以上。


物販を中心とした国内最大のASPです。


審査はありませんが、A8は登録時に、ホームページ、ブログ、
メールマガジンのいずれかを主サイトとして登録します。


主サイト以外のサイトに広告を貼るときは、
事前に副サイトとして登録しておく必要があります。


同一サイト内の別ページであれば副サイト登録は不要ですが、
サブドメインの場合は登録しなければいけません。


例えば、サイトのURLが

http://XXX.nifty.com/

のとき、

「XXX.nifty.com」を、サブドメインといいます。

「www.nifty.com」も、サブドメインの一つです。

「nifty.com」を、ドメインといいます。

「http://nifty.com/YYY/」は、
サブドメインではなく、ディレクトリといいます。



海外では、「Click Bank」という巨大なASPがあります。


英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語で運営しています。


トップページ右上には、クライアントに支払われた金額が、
リアルタイムで表示されています。


その刻々と増えていく金額と、左下に描かれている、かなり
素人っぽいお兄さんの絵が、じわじわと気持ちを煽ってきます。


ここで活動するのはなかなか勇気が要りますが、日本より
数年は進んでいると言われる海外のアフィリエイト事情を
ちょっと覗いてみるのもいいかもしれません。



国内の情報商材を扱っている最大手ASPはインフォトップです。


商品登録数は役9,000件です。


インフォトップで商材を売るには、事前審査が必要です。
インフォトップによると、初回審査での合格率は2割しかないそうです。


私も最初の審査は落ちました。(汗
誇大表現として、何箇所か指摘を受けました。


1回落ちても、その指摘事項を改善すれば、合格することができます。
なお、登録料は無料です。


審査は商材だけでなく、セールスレターと特商法に基づく表記も
対象となっています。


インフォトップには、インフォプレナー(商材作者)に対して、
さまざまなサービスが用意されています。


例えば、法規に変更があった場合など、インフォトップは
インフォプレナーにその都度メールで知らせてくれます。


アフィリエイターに対するメールサービスもあり、
個別配信と一斉配信を選ぶことができます。


見込み顧客に対するステップメールも12回配信を
上限として、複数のシナリオを作ることができます。


購入者に対しても、フォローステップメールを
あらかじめ用意しておくことができます。


情報商材を扱うのであれば、ASPは、まずはインフォトップ
だけでも十分ではないでしょうか。



インフォトップと並ぶ情報商材ASPの大手がインフォカートです。
登録商品数は、約10,000件とインフォトップより多いです。


インフォカートには、商材の特別な事前審査はまだありません。
ただし、初期登録料として、5,000円かかります。


特別な審査はありませんが、特商法に基づく表記に不備がある場合
などは、当然登録が取り消されることもあります。


インフォカートにもインフォトップのフォローステップメールと同じ機能の、
”連動ステップメール”というサービスがあります。


”無料ダウンロードサービス”というのもあります。
これは、無料レポートのアフィリエイトですね。


無料レポートの登録者は、初期登録料2,980円と、
月額基本料1,000円がかかります。


登録した無料レポートがダウンロードされたら、アフィリエイト報酬(100~
1,000円)+2ティア報酬+決済手数料を支払います。


もちろん、これで見込み客のメールアドレスが入手できるわけです。


これ以外に、有料メルマガを発行することもできます。


インフォトップ、インフォカート以外に、
WebDoというASPもあります。


○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

以上、今回は「ASPへの登録」をご紹介しました。


各ASPに加えて、携帯アフィリエイト用のASPも一緒に
以下にまとめておきますね。

A8.net

インフォトップ

インフォカート

WebDo


ここから下は、携帯アフィリエイトASPです。


Lmo(エルモ)

ここだけは、押さえておいてください。
インフォトップが携帯専用ASPとして立ち上げました。


Mobri

インフォトップモバイル

電脳卸

ポケットアフィリエイト

モビOne

Moba8





★あなたとここで出会えた『奇跡』に、心から感謝します★

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 発行者 吉田屋
 サイト http://shouzai.yoshida-ya.biz/
 メール customer@yoshida-ya.biz

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

テーマ : アフィリエイトを始めよう!
ジャンル : アフィリエイト

2009-11-27

特商法の一部改正

まいど、吉田屋です。


インフォトップより、各インフォプレナーに対して”返品特約”の
表記に関するメールが回ってきました。


アフィリエイターにも是非知っておいていただきたい内容なので、
本日はそのお話をさせていただきます。


■返品特約を明記しましょう


2009年12月1日より、「特定商取引に関する法律及び割賦販売法の
一部を改正する法律」が施行されます。


主に商材を作成しているインフォプレナーに関わる内容ですが、
アフィリエイターも知っておかねばなりません。


インフォトップからの連絡に沿って、影響する条項を書き出しておきます。


--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

1)
改正法においては、通信販売に関して、事業者が契約の解除等につき
特約(以下「返品特約」という。)を広告に表示していない場合に、
商品の引渡しから8日間、契約の解除等ができることなどが規定され
ました(法第15条の2)。

2)
その改正趣旨から、返品特約の表示については、
「顧客にとって見やすい箇所において明瞭に判読できるように表示する
方法その他顧客にとつて容易に認識することができるよう表示すること」
としています(法第11条、施行規則第9条及び第16条の2)。

(2009年8月6日経済産業省ニュースリリースより抜粋)

--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**


分かります?


要するに、やるべきことは次の二つです。(爆



【やるべきこと1】


★「特商法に基づく表記」に、返金(返品)について必ず記載する。



ケース1:返金(返品)保証制度がある場合


●以下の項目を明記する。


・返金(返品)対象

 例)30日間実践し効果が得られない場合は、メールにてその旨
   ご連絡ください。教材購入時の価格を全額返金いたします。


・返金(返品)可能な期日

 例)ご購入後、90日以内にご連絡があった場合に返金可能


・返金(返品)方法

 例)メールにて返金要請してください。
   30日以内に指定の講座へお振込いたします。
   返金要求先アドレス:○○@△△ 氏名


ケース2:返金(返品)保証制度がない場合


●返金(返品)には対応していない旨、明記する。

 例)データが壊れている等、商品欠陥がある場合を除き
   返金(返品)には応じません。


※この記載がない場合、購入者は商品の引渡し日から起算して8日間は、
  無条件で返品が可能になります。




【やるべきこと2】


★「特商法に基づく表記」へのリンクを明確にする。


経済産業省の「通信販売における返品特約の表示についてのガイドライン」に、
具体的な表示方法が書かれています。


--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

返品特約全てについて、広告及び最終申込み画面中の
各商品の説明箇所において、明瞭な方法かつ、
他の事項に隠れて埋没してしまうようなことがないように表示する方法。

例:商品の価格や電話番号等、消費者が必ず確認すると考えられる事項の
  近い場所に、商品の価格等と同じサイズで表示する。

例:パーソナルコンピュータの場合において標準設定で12ポイント以上
   の文字で表示する。

例:色文字・太文字を用いる等して表示する。など

--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**


インフォトップでは、上記2つの”やるべきこと”に不備があると、
新規商品を登録することができません。



アフィリエイターも、取り扱う商品について、

1)返金(返品)の記載があるか

2)「特商法に基づく記載」へのリンクが分かり易いか

の2つを、必ずチェックするようにしましょう。



また、対応ができていない商品は、取り扱わないようにしましょう。


これは、努力目標ではありません。
対応しなければ、違法です。


その片棒を担ぐようなことは、けっしてやらないようにしてください。




私も、自分の商材「ネット時代の新★手引書シリーズ 初級編」の
セールスページを一部修正しました。


”やるべきこと1”は、インフォトップ登録時から「特商法に基づく表記」に、
返品には応じない旨、明記してましたので問題なしです。


”やるべきこと2”についても、セールスページの一番下、価格等表記している
すぐ下に、青字12ポイントで「特定商取引法に基づく表記」とリンクを
張っていましたので、大きな問題はないと思います。


しかし、セールスページにもう一箇所、価格等を表記しているところがあります。
そこで、念のために、そのすぐ下にも、同じように「特定商取引法に基づく表記」
へのリンクを付け加えておきました。


これで、万全だと思います。


○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

ついでですが、インフォトップでは、2009年10月5日から、
全ての新規登録商品について、”誇大表現”に関する審査を実施しています。


これは、インフォプレナーへの表現の規制を従来よりも柔軟に対応するのと
引き換えに、「特商法に基づく表記」に、以下の表現を入れる、というものです。


--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--

本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません

--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--


こちらは、インフォトップから各インフォプレナーに何度もメールで案内が
されていましたので、既に徹底されていると思います。


もちろん、私も速攻で対応しました。

○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

今日は、インフォプレナーに対する法的なお話をしました。


もし対応してないインフォプレナーがいたら、アフィリエイターから指摘する
くらいの気構えで望んで欲しいと思います。




★あなたとここで出会えた『奇跡』に、心から感謝します★

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 発行者 吉田屋
 サイト http://shouzai.yoshida-ya.biz/
 メール customer@yoshida-ya.biz

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

テーマ : アフィリエイトを始めよう!
ジャンル : アフィリエイト

2009-11-06

トラックバックの実演です

吉田屋のJUGEMブログにトラックバックしてみます。
トラックバックの詳細は、こちらをご参照ください。
↓ ↓ ↓
http://blog.yoshida-ya.biz/?eid=80#trackback
2009-11-05

ブログも見た目

まいど、吉田屋です。


■ブログは見た目も大切です


このブログでは、これからネットで稼ごうとしているサラリーマンの方々に、
サラリーマンが副業としてできるネットビジネスについて、
現役サラリーマンの私が役立つ情報をお届けしていきます。


ご紹介するのは、アフィリエイトを中心とした、ブログ・メルマガ・
無料レポートの三位一体で稼ぐ、実践的かつ効率的なノウハウです。


当面は、松原さんと一瀬さんというトップアフィリエイターが
書かれた「パーフェクトアフィリエイト」という商材を教材として
進めていきます。

○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

「パーフェクトアフィリエイト」の第2章「ブログ構築編」を進めています。


ブログサービスへの登録が終わり、いよいよブログを書き始めます。


「あなたは、ご自分のブログに何を書きますか?」


もちろん、一番大事なのは、記事の内容です。
記事がつまらなければ、誰も読んでくれません。


では、記事が面白ければ多くの人が読んでくれるか、
というと、実はそうでもありません。


ためしに、あなたも色々な方のブログを読んでみてください。


見ただけで読む気が失せてしまう。
読み続けるのが苦痛。


そんなブログも見かけることでしょう。


『ブログは見た目も大切です。』


どうしてもあなたのブログ記事を読まなければいけない、
という目的意識を持った読者が来ることも、たまにはあります。


ほとんどの読者は、ランキングサイトやリンクから、あなたのブログに
来ますから、若干の興味を持ちつつも、偶然辿りついたに過ぎません。


また、ネットの場合はページの移動がワンクリックでできますから、
興味を失った読者があなたのブログに留まることは、ほとんどありません。


読むのが苦痛になるような記事を我慢して読み続けて
くれるような奇特な読者はいない、と思っておいた方がいいでしょう。

○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

ネットには、「8秒ルール」と「3秒ルール」と言われるものがあります。


ご存知ですか?


「8秒ルール」とは、読者があなたのサイトを訪れてから、
8秒以内に必要な情報を得られなければ、その読者は、
他のサイトに行ってしまう、という経験則です。


つまり、ブログの中で、読者を8秒以上迷子にしてはいけない、
ということです。


そのためには、記事の内容とは関係なく、いろいろな工夫が必要です。
私が、読者を迷子にしないためにやっていることをいくつかご紹介しましょう。


●トップページを作る。

 ・最新記事、ホットな話題、期間限定の特典、新発売の商材、など、
  まずは読者に伝えたい情報をトップページに集める。

 ・どのページからもトップページに戻れるよう、サイドカラムにボタンを設置する。

 ・トップページから全ての記事に行けるよう、目次を置く。


●目次を作る。

 ・全ての記事をカテゴリに分けて、ツリー表示する。

 ・タイトルだけでは内容が分かり難い記事には、簡単な説明を加える。

 ・絵文字などを使って、最新記事が一目で分かるようにする。


●読者の役に立たないパーツは外す

 ・読者の利用頻度が高いパーツを、カラムの上部に配置する。



「3秒ルール」とは、サイトが表示されてから、そのサイトを読み続けるか、
他のサイトに移るか、読者が判断するのに要する時間のことです。


つまり、読者は店舗の入口で、

「この店、入ろうかどうしようか」

3秒後には決めている、ということです。



そのためには、サイトを軽くして表示を早くするだけでなく、
ある程度見た目に気を配ることも必要になります。


あなたも、見た目きたない店舗は、商品見る前に、
入るのやめませんか?


私がやっていることをご紹介します。


●画像はアップロードする前に15KB以下にする。

 ・無料ツールの「縮小専用。」を使います。
  ↓ ↓ ↓
 http://blog.yoshida-ya.biz/?eid=57


●記事を読みやすく配置する。

 ・1行35文字以内を原則として、2-3行おきに2行ずつ空ける。

 ・読むリズムに合わせて、改行と句読点を入れる。

 ・段落の切れ目には、区切り線を入れる。


●文字は、黒、青、赤しか使わない。

 ・リンクテキストは青、特に強調したい単語は赤を使い、残りは全て黒字。


●目に優しい、テンプレートを使う。

 ・暖色のバックグランドを選ぶ。



さて、読者は無事、魔の”3秒”と”8秒”を乗り越えてくれました。
しかし、その後も気を抜いてはいけません。


読者に気持ちよく記事を読んでもらうように、
イライラさせてしまうようなことや、手間をかけてしまうようなことは、
一つ一つ潰していく必要があります。


私が気をつけていることを、いくつかご紹介しましょう。


●カラム落ちを起こさないようにする。

 ・貼り付けるパーツや画像の幅はカラム幅よりも小さくする。
  ↓ ↓ ↓
 http://blog.yoshida-ya.biz/?eid=66


●ランキングバナーは別窓で開くようにする。

 ・これ、以外にやってない人が多いです。
  ランキングバナーをクリックして、ランキングサイトがブログと
  同窓で開いてしまったら、手慣れでウィンドウを閉じてしまう
  読者は、二度とあなたのブログに戻ってきてくれません。

  「Shift」+クリックや、「Ctrl」+クリックをすれば、
  別窓ですばやくランキングサイトが開きますよ、
  っていうのは、こちらの論理です。
  それは、読者に手間をかけさせているだけです。

  本当に読者のことを考えているのであれば、
  必ず別窓で開くようにしましょう。
  設定は、簡単ですからね。
  ↓ ↓ ↓
 http://blog.yoshida-ya.biz/?eid=58


●お問い合わせには、メールフォームを用意する。

 ・よく、「○○@△△←@を半角の@にしてメールしてくださいね。」
  と書いている方がいます。
  管理人にスパムメールがいくら来ても、読者には関係のないことです。
  これも、読者に手間をかけさせているだけですね。

  また、読者にいちいちメーラーを立ち上げて、アドレスを
  入力させるような手間をかけさせてはいけません。

  ブログには、必ずメールフォームを置くべきです。
  ↓ ↓ ↓
 http://blog.yoshida-ya.biz/?eid=41


●読者目線で修正していく。

 ・レイアウトやパーツを変更したときは、読者に感想を聞く。
  そういうことを、聞けるような仲間を持っている、
  ってことが重要ですね。

○∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽○

今回は、「ブログは見た目も大事」のお話でした。



★あなたとここで出会えた『奇跡』に、心から感謝します★

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 発行者 吉田屋
 サイト http://shouzai.yoshida-ya.biz/
 メール customer@yoshida-ya.biz

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

テーマ : アフィリエイトを始めよう!
ジャンル : アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。